日本人が「話ベタ」な理由

日本人は「言わずもがな」や「察して下さい」という意識を強く持っています。

分かりやすいのが、「結論を言え」や「何が言いたいのか分からない」という

具合に、正確な会話よりも聞き手側が文脈や共通認識で内容を察してもらう

「察しの文化」を重要視しています。

これには「日本人は同一民族」という大きな理由があります。

 

以下、「察しの文化」=「話す事は日本人の美学でない」の例です。

=「口は災いのもと」:「言わぬが花」:「沈黙は金」:「出る杭は打たれ

 る」「一を聞いて十を知る」:「目は口ほどにものを言う」等

 

一般的に、「人々が同じ文化的背景を持ち、多くの情報が共有化されている

社会では、情報はその場の状況や人間関係で文脈が読み取れる「高文脈文化」

と言われるもので、逆に、文化背景や情報が共有されていない「低文脈文化」

では「言葉」こそが重要なチャンネルとなります。

 

欧米人は多民族や多国籍の人間が入り乱れていることで、相手には簡単に

伝わらないことを前提で会話をするのです。

よって、「話す」ことのレベルには格段の差(違い)があるのです。

日本人には「あうん呼吸」というスゴ技がありますが、それが「話ベタ」の

理由になっていることはお分かりいただけましたか。

 

Hey Visitor!