人前であがる理由は何か?

人前であがってしまう時、体にはどんな変化が起きているのでしょう。

 

分かりやすいのは、アドレナリンの分泌量にあります。

アドレナリンは適度に分泌する状態では「やる気」が起き、かつ、頭の回転も

大変よくなります。(化学的にも証明されています)

しかし、分泌量が過剰になると、不安になり、パニックに陥ります。

 

私達は危険を感じたり、勝負(試合・入試・面接等)等の時、体は臨戦態勢に

入ります。肺臓は酸素を大至急吸入しよう、心臓は急激に血液を送り込もうとし、

筋肉は敵との戦いに強く動こうとします。

だから、足がガタガタと震えたり、顔は ぴくぴく動いたりするのです。

(肝臓は貯蔵グリコーゲンをブドウ糖に・・・)

 

では、どんな性格の人があがりやすいのでしょう?  それは、

 1・負けず嫌い=聞き手からの称賛が欲しいので、プレッシャーになる

 2・自意識過剰=他人は意識するほど聞いていないし、見ていないのに・・・

 3・好き嫌いが激しい=聞き手の好感が得られないと、感情的になるタイプ

 4・神経質=相手が自分の話をどう聞いているか心配(下手と思われてるかな)

 5・小心者=言いたいことをあからさまに言わないための表現法に悩む

 6・気取り屋=ええカッコしぃ!カッコを気にしすぎる

 7・テレ屋=恥じらい&はにかみ~恥ずかしいという心を持つ動物は人間だけ

 8・劣等感=コンプレックス(優越感と隣り合わせ)

 

更に、どんな相手だとあがるのか?は

 ・相手が大勢

 ・相手が偉い(立場が上)

 ・相手が異性

 ・相手が未知の人

 

ん~ホントに、様々な原因があるんですよ。 皆さんも思い当たりませんか。

 

 

Hey Visitor!