バランス言葉・・・今更?

先述のように、日本語には尊敬語、謙譲語、丁寧語がありますが、近年

追加された「@@語」って知っていますか?

 

それは「美化語」。  

「美化語」は、誰かへの敬意をあらわすのではなく、言葉使いを上品に

して、敬語部分とのバランスを取るものです。

 「 美化語」には、言葉の前に「お・ご」をつける、付け足し型と、言い

換え型があります。

 

<付け足し型の例>
  お酒、お料理、おけいこ、お天気、お庭、お茶碗 など
  ご酒、ご祝儀、ご機嫌、ご挨拶、ご結婚、ご連絡 など

<言い換え型の例>
   めし  ⇒ ごはん
   汁   ⇒ おつゆ
   水   ⇒ おひや
   うまい ⇒ おいしい
   腹   ⇒ おなか
   便所  ⇒ お手洗

 

個人的には、普通に使っている言葉を「新定義」で独立させる理由って・・・何?

きっと、言語研究者が「自分の手柄になる定義」を無理やりグルーピングして、 

複雑な日本語をより複雑にしたいだけでしょうにネ。

 

だって、 日常生活の中で尊敬語と謙譲語、丁寧語が上手に使いきれていないのが

現実ですから。いやぁ~ホントに難しい言語ですこと。 

 

Hey Visitor!